記憶に残る効率の良い読書術。知識人になれる簡単な3つのポイント

こんにちは。ゆう兄です。
最近、どんどん知識欲が激しくなっています。
時間が無くて、なかなか本を読む時間も取れず、
限られた時間の中で読める本は、なるべく効率良く記憶に残しておきたい所なんですね。

みなさんはどうでしょう?
読んだ本、ちゃんと記憶に残っていますか?

ちなみに、僕は案外残ってません(笑

ブログに書こうかな。と思っても
思い出せないものですね(笑

今日は僕がよく視聴するメンタリストDAIGOさんのYouTube配信から一部、

記憶に残る読書術というテーマで記事を書いていきたいと思います。

記憶に残す3つのポイント

読書中の女性

・読書を始める前
・読書中の集中するポイント
・読書が終わった後

まず読書を始める前のポイントから

目次クイズで興味をまず持つ

人は、自分に意味のある関係のある知識や自分が興味のある事でないと記憶に残らないように出来ているそうです
一回聴いたらまるまる記憶しています。なんてそんなヤバい人はいませんよね。

だから、まずは本を手に取り「目次」を見ていきます。
その目次で「目次クイズ」をやっていきます。

今僕の手元の
トルステン・ハーフェナー著書の「とっさのしぐさで本音を見抜く」
という本から例えを出しますと

目次
・「目を”何秒”閉じたか」に注目せよ! (え、どういう事だろう
・嘘は「しぐさ」に現れる       (それは、分かるな
・「声をかけてOK」なのはどんなとき。 (それは、こういうことかな?

など、もう目次を見た時点で分かりそうな目次もあったり、逆に全然見当もつかないものもあったり。
まずは、目次を見て「興味」のある目次を確認していきましょう。

これは、多分分かるなと予想した目次が、予想を外れて違った場合の方が逆に記憶に残りやすいそうです。

ここで、大事なのは「目次に興味を持つこと」になります。

読書中集中するポイント

・最初の冒頭部分から最後の結果の所を特に集中して読みましょう。
・効率良く早く色んな知識を記憶するという意味では興味の無いところはペラペラと見てもOK

読書後のポイント

アウトプットすることが大事

予想が外れて悔しいと思った方が記憶には残りやすいのですが、
悔しいという感情とざっくりしたことは覚えている事があっても

人に具体的に教えるとなると、
「あれ?なんだっけっな」となってしまいます。

人は、自分が身を持って経験した事以外は記憶に残りにくいそうです。

そのため、読書が終わった後必ず要点と感想をメモしましょう。

「人に教えるくらいのつもり」で「要点メモ」と「感想」を書いていけば記憶に残りやすいそうです

DAIGOさんは名言メモをとるらしいです。

「~するのは愚かなことだ」とか「~は~になる」

とかの名言っぽい感じでメモをとり記憶に残す工夫をしているようです。

あと、レビューを書いたりブログで発信するっていうのは記憶に残りやすいのでおすすめです。

 

それでは僕も、これからは知り得た知識はブログで発信して、知識人になりたいと思います。