こんにちは!ゆう兄です。
僕は実は、色々な仕事を経験していて今日はその中で、
18歳の時、外壁塗装の飛び込み営業をしていた時の話をします。

月収100万円超え!?

飛び込み営業

タウンワークで、見つけて求人内容には
「30万円+歩合給 (100万円以上稼いでるひともいます!)
役員給は歩合アップとボーナス」
とかそんな感じでした。色々良いことばかり書いてはいたんですが、
10年以上前で覚えていません。

まぁそんなおいしい話は無く、お察しの通り当然のごとく
一ヶ月目20万円+歩合(1契約10万円)で
一ヶ月目で契約取れない人は。・・・みたいな感じでした。
2ヶ月目から
10万円+歩合給(1契約15万円) でした。
あと、役員給は確かにあり、役員が「クロージング」を基本するのでその歩合が役員には
入りますので、役員は平社員より儲けやすいという事になります。

まぁ、完全に飛び込み営業だけで成り立っている会社でしたから当然ですよね。
契約取らなかったら事実給料ドロボーですから。

僕が入った時、僕含めて6人くらいの社員がいました。
80万円くらいもらっている人が2人いたのと、
その2人は100万円以上稼いだこともある人でした。
そしてその話に嘘偽りは、感じませんでした。
まぁ、2人とも当然役員なのですが。
逆に、3ヶ月くらい居て、1契約しかとってない人もいました。
かわいそうな扱いを受けてて、ビックリしました。
「お前時給なんぼな。お前マックのバイトよりしょうもないで」とか
「マックのバイトは役に立ってるからいいけどお前は役にも立ってない」とか
「もう顔が契約取れる顔じゃない」とか

やっぱり契約取れなかったら、お金も無いし毎日怒られるし大変だなと思いました。
まぁ、コツを掴んだのか後々この人が一ヶ月会社の稼ぎ頭になるのですが(笑)
人生分からないものです。
この人、人は良く僕は大好きだったんですけどね。

そんな感じで、僕も営業職には興味あったので凄腕営業マン目指して頑張ってみることにしました。

仕事内容

・髪は短髪。スーツもいつもキレイに。
当時、髪はロン毛が流行っていたので僕も長かったのですが、
当然「営業マンが茶髪でロン毛は話にならない」ということで、
1日目にして怒られました(笑)
面接時に言って欲しったですけどね!(笑)
もちろん。バッサリ切ってさわやか営業マンになりましたよ。

・研修期間が3日~7日くらい
人によるみたいですけど、僕は3日くらいしたと思います。

内容は、
「夢ノートを書く」
これは、目標契約数を書いたり、どんな自分になりたいかを書いたノートです。
あとなにが、欲しいか。欲しい車のパンフレットを仕入れて机に置いたり
夢のノートを机に入れておくというものでした。
「デモを見る」
営業トークの大体の流れは決まってて、
台本(役員の営業トークの例)を片手に、お手本を見ました。
劇団の役者の卵が、練習している風景みたいなもんです。
家と外壁と塗装と商品と営業マンの心得のお勉強
ビデオ見たり、資料を読んで知識を入れていきます。
家の種類、ハウスメーカーの種類、外壁の種類、塗装の種類、我が社の商品の知識を
頭に叩きこみました。
「デモをしてみる」
実際にデモをしてみるんですけど、
とにかく最初恥ずかしい!!
距離も、7,8mくらい離れて大きい声でハキハキと、
身振り手振りで、
「おうちのメンテナンスのパンフレットを皆に配ってます!」
「何かお困りはありませんか?」「早く手を打たないと大変なことに・・・。」
「話だけでも、聞いてみませんか」
みたいなデモをするんですが、
まぁ。なかなか大変でしたね(笑)
でも。これ本当に勉強になります。
営業トークの中に営業のノウハウも詰まってますし、
営業の、声を大きくハキハキとしゃべるっていう事も練習すると
話す声が、すごく良くなったなと自分でも思いました。
・皆の飛び込み営業について行く
で、後ろで実際の現場の営業を見ました。
営業トークは十人十色で、やっぱり人によって個性があり
皆それぞれに、自分の雰囲気にあった営業トークをしていました。

研修終了後の仕事の流れ

・朝礼
・デモ
・ミーティング
・現場にて営業
・ミーティング
・帰宅

朝礼は、応援団と一緒です。
血管皆浮き出してます。
最初見た時「これはドッキリか」とカメラを探しちゃいました。
ミーティングで、皆のモチベーションを上げて、
良さそうな団地を見つけて地図を刷って、皆でしらみつぶしに営業していく。

・録音機を持って、自分も現場に
ICレコーダーを持って、実際飛び込み営業をしていきました。
自分の会話を何回も聞いて、営業トークが上達するために録音しておきます。
とにかく、居留守が多い!!
まぁ、本当に留守な家も多いんですけどね!
チェック入れといて居留守と留守の家もチャンスがあるかもしれないから
1週間のうち全部行ってみます。
外壁塗装の営業は築7、8年~12年の間くらい家を、目安に営業していきます。
かえって、7.8年だったり6年目くらいでまだ新しい家くらいの方が、
契約が取れやすいそうです。
まだまだ、家をキレイにしたいモチベーションが保たれているケースが多いからです。
逆に、15年以上経ってても塗装してない家は営業され続けてるはずだから「多分もうしない」そうです。
・営業は足で稼ぐ
とにかく、居留守があろうが、冷たくあしらわれようが、
営業して回りました。
これは、なかなかメンタルがくじけてきます。
中には、罵声を浴びさせられる事もありました。

その中で一日に会話が出来る件数は5件~10件ほどです。
まず、会話が出来るようにもっていくまでにコツもいるし大変でした。
そこから、更に具体的な商品の説明をするアポまで話をこぎつけるのは
至難の業だなと思いました。
あと、見込みありの客はメモして、何回か訪れたり場合によったら会社内で共有して
違う人に任せたりします。
実際、見込みはあるんだけど僕には難しかった見込み客に役員が行くと、
契約が決まってしまいました。
録音を聞かせたら「いいの?これ決まるよ?」って散々言われてたんですけどね。
勉強になりました。

・初アポを取った!
2週間くらいで、初アポを取ることにたどり着けました。
話聞くだけね。うちまだ考えてないから。
ぐらいのアポですが、アポはアポです。

・クロージング
クロージング(商談)は役員が、行きます。
僕は、大体のノウハウを聞き後ろでクロージングを見ていました。
約2時間で、無事商談成立!
危なげなく、商談成立しました。
後ろで見ていて、やっぱりプロの営業マンはすごいと思いました。
そのクロージングには営業のノウハウが詰まったものでした。

その後
結局最初の月に1件
次の月に1件
3ヶ月目に0件で、辞めました。

飛び込み営業をしてみた感想

僕は、3ヶ月目契約0でしたが、
実はこの月、会社内での契約が2件しかなく
しかもその2件は冒頭に出た「怒られまくっていた営業マン」だけで、
その他、社員や役員達も契約0でした。
他に、とてつもないライバルが現れたのか、不況になっていったからなのかは、
分かりませんが、入った当初と違ってなんか会社内でも契約が取れる気がしない雰囲気でした。

扱う商品によって難易度も変わるけど、
やっぱり飛び込み営業は難しい!

飛び込み営業じゃなくても、
営業をするなら
扱う商品もその時代に合ったモノでないと、売り込みにくい。
だから、会社や扱う商品の見る目も大事だと思います。
どれだけの需要があるかによって、営業のしやすさが全然違うと思います。
実際、会社にいた営業マンの半数以上は、以前は違う商品を扱って営業していた人でした。
営業マンは、売る商品や働く会社を変えなければならないこともあるので、
全てにおいて、不安定な職業だなと思います。

でも!
夢はあると思った!
実際、実力もあってその商品が世の中の流れに当たれば一ヶ月100万円稼げると思う。
また、仕事も契約が取れれば楽しい!
やっぱり商売って、達成感もあるし他の職より人間成長できるし、いいなと思います。

時代はすっかりネットの時代になり、
今の時代、飛び込み営業はあまりないのでしょうが、
テレアポだったり、ネットからの見込み客からアポをとって、
見込み客相手にクロージングといった流れの営業はこれからもずっと有り続けることと思います。

営業マンの大変さは、身を持って分かってますし、
営業マンを僕は尊敬しています。
煙たがられることも多々ありますが、営業マンに興味を持ってる方。
また、営業マンの方。
不安定だし大変な仕事だけど、人間成長できるし稼げるやり甲斐のある仕事だと思います。
心から、応援してます。